今日も試作を行いましたが、到底今のままでは製品化は無理だなぁと思っています。

結構、製品にムラが出るんですよね、、なかなか思うようには出来ません。

前回は上手く出来ましたが、今回は全くダメでした。

簡単に安請け合いするような話でもありませんし、まだ弊社の製品として出せるものではありませんね。

まだまだ時間と試作は重ねる必要はあります。

中には「ミョウバン」使わなくなった分、原料費減るから安くなるでしょ?的な考えの方も居るのかも知れませんが、何とも言えませんね。。。だったら添加物漬けの食品を食べてくださいとしか言えません。

添加物って本当に色んなものがあって、殆どの食品に使われています。コンビニとかスーパーの総菜なども沢山の添加物入りだったりしますし、表示のマジックで表記していないだけのものだったりしますしね。

何故、添加物を使うのかというと、やっぱり品質が安定するのと見栄えが良くなるとか、賞味期限が伸びるとか、、色々な理由があるのですが、結局は同じ品質の物を無添加で作るよりもコストが安くなるというメリットがあるから使うんですよね。

それを踏まえて考え、あえて添加物を無くすという方向に向かうという事はコストは上がるという事だったりします。もちろん、今やっている試作にしても新しく開発するにはそれだけのノウハウとか色々かかっていますしね。

なので、弊社でも価格だけを条件で考えられて、添加物を抜きたいという方には、ミョウバンに関しては加工助剤ですから表示しなくても良いですよ、、とお伝えしています。実際、そういうのも多いですし。