ここ最近は食品の偽装では無く、車とか金属の偽装が続いていますね。

日産にしても神戸製鋼にしても国内の大手企業というよりも日本を代表するような企業で安全性に問題のある不祥事なのは非常に怖いですね。

私は日産の車には乗ってませんが神戸製鋼のアルミが車に使われているかは分かりませんので、注意してみようとは思います。

両方とも当たり前ですが、組織ぐるみの不祥事なので企業体質なんでしょうね。

食品でもコストカット等で産地偽装が多く報道されていましたが、他の業界も同じで多くの矛盾が生まれていそうです。

実際に原料価格は値上げされる事も多いんですよね、春雨を作るでん粉もここ10年間ぐらいで何十%も上がりました。しかし、弊社の販売価格は殆ど変わりません。もちろん、人件費も上昇してますし、本来であれば物価も同じように上がるのが普通だとも思います。

でも、そうじゃないんですよね。

その辺り、アベノミクスで景気が良いと言われていますが、何が景気良いのかは全く実感ないですよね。

株価だとか、為替とか求人で数字は良いのかも知れませんが、普通の中小企業には関係ないですからね。

求人での人手不足も単に団塊の世代が退職して代替の人手不足じゃないのか?とも思いますし。