週末は節分で恵方巻が話題になってましたね。スーパーだとかコンビニでも大量に売ってました。

販売店にすれば売れる機会があれば逃さないというのは当然なんでしょうけど、一方で大量の売れ残りや廃棄も問題になっています。

食品を製造するものとしては、食品の廃棄は本当に辛いなぁと思いますね。こういう話題を見ると心が痛みますし、そういうスーパーとか量販店の姿勢も嫌ですね。

売り切れるぐらいの量を販売するなら良いですが明らかに多過ぎるのはダメでしょう。

実際には量販店が発注するだろう量を納品業者が見込みで多めに作っているだけだという反論もあるのかも知れませんが、それを助長しているのは量販店側でもあるでしょうし、責任の一端はあると思います。

こういう廃棄のコストは最終的には消費者に価格という面で跳ね返るものなので、消費者としても注目していかないといけないでしょうね。