今朝、包装作業場に行ってみると声を掛けられました。

作業で使っている秤がおかしいという事のようです。稀に秤の電源が入らなくなっていたり、表示がおかしくなったりする事もありますし、秤も消耗品だと思いますのでダメなものは買い替えをしています。

今回も同じような事かと思っていると、表示は問題ありません。しかし、100gの分銅を乗せると何故か「97g」という表示に。

当然、他の秤だと「100g」になります。今までは表示がおかしかった事はなく、急になったという事なので該当の秤は使わずに他の空いている秤を使用しています。

当然、買い替えという事になるかと思いますが仕方ないですね。その秤は記録だと15年程使っていた秤なので寿命なんでしょう。

でも毎朝、各秤を使用前に分銅にてチェックをしているのですが、このような事は無く今回初めてでした。

今まではチェックは「100g」となって当たり前だったので、本当に意味があるのか?とさえ思っていましたが、このような事が本当にあるなら、面倒臭がらずに毎朝チェックしていて本当に良かったなぁという思いではあります。

ちなみに万が一、チェックをしなかった場合で誤った重量になったとしても、次工程でウェイトチェッカーを使っていますので誤った重量で出荷する事はありませんよ。