何にでも意味があります。意味があるから置かれている物、作業でも何気ない工程でも実は大事な意味があったりします。

最初は意味を理解して物事を進めるにしても、時間が経過して意味を忘れたり、担当者が変わって形式的に引き継がれたりして意味が失われる事もあります。

仕事の場合だと、意味のない物はする必要無いですし、無駄になったりします。しかし、意味が無いと思われている物でも実は意味がある場合は、品質の低下や不具合になったりするんですね。

なので、常に何のために物があるのか?工程があるのかを考えながら進めていくのが最善ですが、実際にそこまで考えが至らない事が多いんですよね。