アメリカが中心となってシリアの政府軍施設にミサイルを撃ち込むという事が起こりました。その前にはシリア政府軍が化学兵器を使用したという事が発端となっているという事のようです。

シリア政府にはロシアが、反政府軍にはアメリカ等の西側諸国が付いているというのは分かっている事で、それぞれに武器などの兵器を援助していると言われています。
結局はシリアを舞台にしたアメリカとロシアの代理戦争みたいな感じで、当事者のシリアは政府軍にしろ反政府軍にしろ大きな被害になっているようです。

化学兵器で今回はサリンと言われていますが、これを本当にロシアがシリア政府軍に使わせているなら当然問題外でシリア政府軍が悪いと思いますし、報復にミサイルで攻撃されるというのも納得は出来ます。
ただ、もし単純に国内だけの紛争であれば、これほど大規模な攻撃の応酬になったのかな?とは思います。
こういう時に国連が機能しないというのが、国連の大きな問題なんだろうなぁとは思います。変に第二次大戦の戦勝国だけが常任理事国として特別待遇になっているだけで、敗戦国をはじめ途上国は振り回されるだけですしね。
もちろん、常任理事国にとっては既得権益ですからそれを手放す訳はないですが、こういう不平等は国際社会の中で何故大きく問題にしないんでしょうね。

話を化学兵器に戻すと、化学兵器使用の被害者の映像も流れたりしてますが、ああいうのを見ると日本だと地下鉄サリン事件を思い出し、本当に酷いなぁとしか思わないです。稀にこういう戦争の時に化学兵器が問題になっていたりして、子供たちや一般の人が巻き込まれいる映像もみますが、辛いなぁとしか思えないですね。
私はたまたま今の日本に居るから、遠く離れた世界ではありますけど、もしシリアに生まれていたら。。と思うと辛い話です。

化学兵器を使った罪は本当に重いですから、本当に政府軍やロシアがやっているのであれば国際社会の中で大きな責任を負わせないといけないと思いますが、一方では自演じゃないかともいわれているので本当に明確な証拠を提示して欲しいとは思います。

以前にイラクに侵攻した理由で大量破壊兵器が。。。という事だったのが、実際は無かったとも言われていますので、この辺はアメリカ、ロシアの両方にしっかりと事実を追求すべきだと思いますね。