サッカーのポーランド戦は戦い方を巡り賛否あるようですね。

最後の10分ほど攻めずにボールを回していたとかで卑怯とかで批判があるとか。

私は良くやったとは思います、率直に。

ワールドカップに出るなんて選手にとって一生に一度あるかないかの経験でしょうし、更に決勝トーナメントなんて本当に限られた経験です。

そのために子供の頃からサッカーに打ち込んで、選ばれた選手ですから今後のサッカー人生を考えた上でもかけがえのないものでしょう。

予選敗退と決勝トーナメント出場も天と地ぐらい違うでしょうし。

確かに見ていてモヤモヤした感じはあるかもしれないですが、ルールの中で反則ではないですし胸を張って欲しいです。

今でも奇跡的な事だとは思うんですが、更にもう一回奇跡が起こるなら見てみたいですね。