夏本番

梅雨が明けました。

明けた途端、ジメジメしていた空気が少し変わったように思います。今は少し湿度は下がってジリジリした日差しで暑いという感じです。

この季節は春雨を天日で干しても、良く乾くのですが逆に乾くのが早すぎるので注意を払う必要があります。
それに夕立なんかも怖いので、朝から干したら夕方に一旦倉庫に移動させるという作業をする事が多いです。

それに冷凍庫での冷凍工程も温度が下がりが遅くなるので時間をかける事が多く、冷凍庫もフルパワーで稼働させたりと季節によって機械も使い方を変えて調整しています。

これだけ暑くなると、素麺の季節が本番だと思われるのですが、実際には素麺の季節は体感的には終わっている感じです。まだ少しずつは出荷したりもありますけど、もうそんなに多くなくて「素麺はまた来年」という感じになってますね。

ちなみに春雨は冬の食べ物という印象が強いかも知れませんが、実際に製造していると年中を通して一定の出荷状況だったりします。夏だから春雨は出ないとか、冬だから春雨が多くなるとかじゃないんですね。。。

前の記事

国産のはるさめ

次の記事

緑のジュータン