春雨といえば、白くて透明で細いというイメージかと思います。

弊社の春雨は少し黄色っぽい感じはしますが茹でれば透明ですし細さもそれなりにあるので春雨なんですよね。

でも、最近は太い春雨も作っているのですが、それは文字通り太くてうどんのような感じ。食感も見た目も春雨とは違うのかも知れないですが、それでも春雨だと思ってます。

そこから少し細くした中太と呼んでいる春雨もあるのですが、これでも通常の春雨とは食感が別物で春雨のイメージでは無いと思います。

じゃあ、どこまでが春雨のイメージに合う細さなのかと思い、通常の春雨より少し太めの春雨の試作を行いました。

太さからすると、少し細めの中華麺ぐらいです。

これでも既に一般的な春雨のイメージとは違う食感で美味しいんです。

それぞれの個性があるので、もしかしたらネーミングが悪いのかもしれません。

春雨というから、細くて透明のイメージですけど、春雨じゃない新しい麺だというべきかも知れないなと改めて思います。