最近、「N国」というのをニュースで見かける事が多くなりました。

なんか、何処かの国のイニシャルで良くない国のようなイメージがあるのですが、「NHKから国民を守る党」という政党を略して「N国」と呼んでいるらしいです。なんだかもう少し分かりやすい略称が無かったのかとは思います。

参院選では完全な泡まつ候補かと思っていた政党ですが、当選者を出し、政党要件をクリアした事で一気に話題になった感じですね。れいわと共にニュースで出る確率は非常に多い政党かなぁとは思います。

他の野党の話題は殆どありませんし。

そのN国の主張がNHK放送のスクランブル化という事のようで、今みたいにテレビがあれば自動的にNHKに加入しなさいというのではなく、希望者はNHKに加入するという事のようですね。

政府としては、緊急の災害や事件、事故があった場合の情報提供手段としてのNHKという観点で今の形態になっているようですけどね。

であれば、その緊急放送の時だけスクランブル放送を外してやれば良いというのもN国の話らしいですが。。。

確かにNHKって見たい番組もたまにはありますけど、毎日視聴習慣がある番組があるのか?と言われると無いなぁとは思います。

ニュースも最近はネットで見るケースが多いですし、ニュースはNHKという事でもないですしね。NHKのニュースも左寄りの偏向報道じゃないかという意見もありますし、そう感じる事もあるのも事実です。

実際に震災などの大きなニュースの時は、民放も含め全局が同じニュースを流しているのは経験しているのでNHKじゃないと駄目という訳でもないのも確かですしね。ただし、奈良だと民放の各局があるのですが地方だとあまりテレビの局数が多くない場合もありますので、その辺の問題は確かにあるのも事実でしょうけど。

でも、NHKのスクランブル放送で見れなくなっても、別に困らないなぁというのも本音のところではあります。

ただし、じゃあNHKから国民を守る会に投票するのか?と言われると、国政選挙はNHKの話題よりも優先順位の高い政策があるので、NHKの話だけでは投票しないなぁというのは実際のところですね。