先日、ラベルプリンターを導入しました。

来年から食品表示の形式が変わったりするので徐々に改版したりして対応はしているのですが、例えば小ロットで商品を作りたいとなった場合に表示が違ったりしてしまうと不都合が生じたりします。

定番は定番で袋に直接印刷していますが、他の商品と兼用する可能性のあるものは敢えて食品表示の部分を無くした方が良いんじゃないかという考えもあり、食品表示の部分をシールで補うためにラベルのプリンタがあった方が良いという考えです。

それとは別に夏場だけ素麺もやっているのですが、その素麺用にラベルも発注をしているのですが多めに作る為に余ってしまう事が毎年あります。もちろん、素麺の表示内容も変わるので変更しないといけないですし、アイテムも幾つもあるので勿体ないんです。だからこそ、ラベルプリンターじゃないかという事もあります。

実際に近所の素麺組合さんなどは数年前に導入されていて、その時は結構高額な話を聞いた事があったので弊社としては躊躇していました。そこまで使ってプリンタを買う必要があるのか?と。

今回は色々と調べると、そんなに高く無いというか、、意外と安い機種もある事が分かったので使ってみようとした感じです。

イメージとしてはパソコンで印刷する内容のデータを作って、専用プリンタに繋げて印刷するという感じで、ちょうどレシートのようなイメージでシールが出て来るという感じ。もちろん、印刷する内容も好きな感じで作れますし実際に印刷すると全く問題なく表示シールが作れました。

今のところ、表示ラベルだけなので同じようなデザインですけど、色々と作れそうなのは良いですね。

今後は商品の幅が広がりそうで、楽しみではありますね。