昨日、私も立ち会って春雨の試作を行いました。

何の春雨かというと、添加物不使用の春雨を試作するというものです。

何年か前にもやっていますし、添加物(みょうばん)を使用しないと春雨が切れるという状況は今までも見ていたので難易度が非常に高いように思っています。

ただ、ここ最近は色んな春雨の御要望に応じて、色々と春雨の試作をしながらもノウハウを蓄積している部分もありました。

本来の戎国産はるさめとは違う春雨を試作しているのですが、それは巡り巡って戎国産はるさめに活かされているというのもあります。実際に2~3年前に配合も変えたりしたのも、そういうノウハウがあったから改善する方向にしています。

それ以降にも、いろんな春雨を作ってくる中でのノウハウを再度結集し、戎国産はるさめに注ぎ込んで今回の試作を行いました。試作と言っても、実際には本番と同じ100キロでやっていますので、本番と言っても過言ではありませんが。

色々と思い当たる部分を改良して、検討をして最善の方法で最善の配合で行いました。

結果として、現在のところはうまく出来ているのではないかと感じています。通常の春雨と変わらない(配合は少し違いますが)ものになっていますし、春雨が切れるという事も現在のところはありません。

もちろん、普段は軸に指してぶら下げるのですが、それは一部に試験的にやって殆どは網を使って冷凍の工程にすすめています。

今後、解凍、乾燥の工程を経て製品となりますが、途中でなにか問題があるかも知れませんので気は抜けませんけどね。

ただ、今のところは想定以上に安定して思惑以上の結果にはなっています。来週ぐらいには完成してくると思いますので、出来上がりを試食して、従来のものとの比較をしてみたいと思っています。

今回の試作は、今までの春雨から大きく踏み出す一歩かもしれないとワクワクしております。