最近の政治ニュースといえば、「桜を見る会」の話題ばかり。。。

なんか以前の森友加計問題を思い出させる感じで既視感は強いなぁと思います。

わざわざシュレッダーの視察に行ったり、安倍さんの地元に聞き取りに行ったり、、、しかもテレビ取材を引き連れて。

そりゃ、疑惑とか不正があるなら追求するというのも良いと思うんですけどね、政権取る気がないのなら。

ほんとに、もっと重要な案件無いんですか?って聞きたいですし、それで国会を無駄にしているというのは国民にとっての大きな損害だなぁとは思います。

こういう問題で国会を止めるとか、そればっかりやるというのは国民を馬鹿にしているなぁとは思います。そういう政党に政権は任せられないなぁと。

疑惑の追及をするのであれば、それ用の専門的な調査委員会とか作って長年やっていた「桜を見る会」の出席者を含め調査すれば良いと思うんです。国会の審議とは別に。なんだったら第三者委員会とかで各界の専門家を連れてきてやれば良いと思います。民主政権時代も含めて。

で、国の政策や外交の問題は国会じゃないと出来ない話なので、それに時間を使ってほしい。

野党は政権のアラ探しとかだけじゃなくて、政策論争をしっかりやってほしい。

今の野党のやり方を見ていると、安倍政権はしっかりして欲しいとは思いますし、多少の支持率は落ちるんでしょうけど、、じゃあ野党に政権移行させたいと考える人は殆どいないよなぁとは思います。

個人的には桜を見る会の予算は5000万円ほどだったと思います。大きい額ですが、国家予算は100兆円とかのレベルで、その使い道を議論するのも国会なんですよね。国会って一日やると1億ぐらいの経費になるとからしいので、それで何日も審議拒否やら議論を止めていると何億、何十億もの損失なんですよね。。。。

それは、あれだけやったモリカケ問題でも分かったはずなのに、、、。