私は大学時代から海外が好きだったので、色んなところに行きました。特に途上国系だったりアジアが好きだったので何回も行きました。

様々な国を巡って、素晴らしい国は沢山ありますし将来は住んでみたいなぁという国もありますが、何だかんだ言って一番良いのは日本だと思います。

もちろん、日本人なので馴染むというのもありますし、食べ物の美味しさだったり種類はダントツだと思います。もちろん、日常生活でも何不自由なく生活できますし。本当に普段の生活でマニアックなものが欲しいと思っても、大抵のものは売っているんですよね。

でも、海外でのローカルフードだったり、日本人が知らないものは探しても無かったりします。日本人に需要がないので売ってないのも当たり前なのですが、現地で食べたアレが日本でも食べたいなぁというのが無いんですよね。

例えばスリランカで住んでいたので、ポルサンボールとかは日本でも食べたいけどありません。

ポルはココナッツなので、そもそも生のココナッツが売っているのも殆ど無いでしょうし、私は見たことがありません。

当然、ココナッツを削る道具もあるのですが、それもありませんし。。。スリランカカレーだと必須の調味料というかサラダっぽい感じなんですが無いんですよね。確か現地でも缶詰は見たことがあったと思うんですが、やっぱり生とは全く違います。

恐らくそんなものは山ほどあるんだと思います。振り返って考えれば、弊社で作っている春雨は元々は中国で使われている食材です。

じゃあ、中国では春雨はどんなものがあるのかとか、、、どんな食べ方をしているのかを考えていくと、、実は日本では知らないけど現地の人では当たり前のものがあるんじゃないかなぁとは思っています。数年前から春雨の太い麺を作っていますが、それも元々は中国にあった食べ方の一つですし。

弊社の進む道は、誰でも知ってるとか定番というよりも、そういう珍しいけど日本には無いものとか新しい価値観の春雨が作れるようになれば良いんじゃないかというのは思うんですよね。

そういう意味では、今は中国に行くというのは無謀な時期ではありますけど、現地に根ざした春雨を知るという意味でも色々と巡ってみたいなぁとは思っているんですよね。