相変わらず外出自粛中です。普段から出歩くのは好きでもないので、別に苦にはならないですが、やっぱり気持ち的には重いです。

自宅から外出すると言っても、食材の買い出しについていく程度しかありませんし、それも混み合う時間を避けるようにしています。奈良県で感染者が多くないので、そこまで神経質になる必要はないんですが、万が一感染して会社に出社していると会社全体が休業しないといけない事態も最悪考えられますので、そういうリスクを回避するためにも出来るだけ出歩かないようにしています。

屋外の散歩などは神経質になる必要はないみたいですが、公園で人ゴミになっている映像とか見ていると、そういう散歩で外出するというのも控えた方が良いとは思うんですよね。結局のところ、新型コロナに対する治療法が出るまでは何かしらの外出自粛にはなると思っています。

海外だと徐々に外出禁止も解除されつつあるという流れで、それはそれで正しいのかも知れませんが、感染者数から見れば日本より桁違いに多い状況です。死者数も非常に多いです。という事は、当たり前かもしれませんが、日本は現在の鎖国のような状態をしばらく続けないといけないという事なのかなとは思っています。以前のようにインバウンドで旅行者を誘致していると、感染者が一気に流入してくるというのが容易に想定できますし。

であれば、国内で自粛が緩和されたとしても観光地は厳しい状況には変わりなく、最後は治療法であり薬が出来るまでは辛抱する必要はあるでしょうね。

そういう意味でもアビガンやイベルメクチンが承認されるとかを期待するしかないんですかね。