新型コロナの自粛が少しずつ解消されてきて営業再開する店舗も増えてきているようです。大阪もかなり改善されてきて昨日は新規感染者が居なかったとか。奈良県も以前は毎日感染者が出ていましたが、今は5月9日以来で新規感染者は出ていないようです。奈良県民としては素直に嬉しい結果です。

以前も感染者の方は大阪勤務の方やその家族でというケースが多いので、大阪での感染者が少なくなれば自然と奈良県内でも減少するんだと思うんですが、出来ればこのまま継続して欲しいと思います。

あとは県境を越えた移動が活発になった時、国内の移動制限が徐々に通常に戻った時、テレワークが解除される、学校が再開するなどの節目でどうなるのかが問題ではありますが、感染者が十分コントロールできる範囲であれば仕方ないとも思います。そのコントロール下でアビガンだったりワクチンの有効性が認められるまで我慢するというのが現実的な話でもあるでしょうし。

今回の騒動で思うのは意外と10代とかの若者はマスクをしているし、外出も控えているように思うんです。しかし、私たち世代から上の世代が意外と外出しているとか、マスクも形だけだったりするんですよね。マスクが万能とは言いませんが、マスクは意識の表れでもありますし。

今回、コロナで危険だと言われている世代がむしろ外に出ていたりするのは何故なんだろうなぁという印象があります。そういう世代の人が言われる事を聞かないとかそういう人も多いので仕方ないのかもしれませんけど、正直よく分かりませんね。