コロナ禍

今回のコロナの影響は多かれ少なかれ、殆どの業種、業態の方が影響を受けたと思います。弊社もそれほど大きくは無いにしても影響はありますし、これから先の事は分かりませんが、その影響が無くなるとも思えません。何かしらの影響は今後も新しいスタイルとして残っていくものじゃないかと思っています。

その社会の変化に伴って、仕事のスタイルも何かしら変えていかないといけないんだろうし、次の生活様式に対しての備えを考えていかないといけない。考えると言っても未来の予想なので正確には分からないですけど。

ただ、食品製造業として普遍的な部分としては、お客様に安全な食品をお届けするという事なんだろうと思っています。そのお客様というのが、本来は実際に食べて頂く方という部分では変わっていないのですが、今までは小売店や飲食店、卸売店などがお客様という認識になっていたのが反省点だろうと思います。実際には消費者が常にお客様であるはずだったんですが。。何か間違えていたんだろうと思います。

もちろん、飲食店の方は調理をし更に食材の魅力を引き出して頂けるので、大切なお客様であるのは間違いないですし、小売店の方も実際にお客様に届けてくれるという点では大切ではありますが、、。

じゃあ、その為に何が必要なのか?って話なのですが、難しい問題だなぁと思っています。単にホームページを新しくしたらページビューが増える訳でもないですし。

次の記事

春雨マニア