週末は奈良も雨が降ってましたが、熊本・鹿児島の豪雨が凄く亡くなった方も多くいらっしゃるようです。

イメージとしては梅雨の末期になると毎年のように九州南部は豪雨と洪水になっているように思うのですが、河川の改修などで対応できないものなのかなぁと思ってみていました。奈良に住んでいて、ああいう被害の記憶は無いので実感などは沸かないのですが、想像してみるだけで恐ろしいでしょうし金銭的な被害も大変な事だと思います。

九州南部は繰り返してあるイメージなので、こういう時にこそ水害対策をすべきなんじゃないかなあとは思うんですよね。もちろんコロナ対策も大事ですけど。

ああいう被害状況を目の前にして、雨だから困ったとか天気が良いとかも軽々しく言えないですが、この先来週ぐらいまで雨の予報が続いているので水害の警戒度は高いままになるのかなとは思います。

コロナが再爆発しそうな雰囲気もありつつなので、厳しい状況ですね。

前の記事

開幕!!

次の記事

久々のハローワークへ