広めたいけど、広めたくない

最近、通販限定で「はるさめの太麺」を販売しています。

奈良は1店舗だけ試験的に置いて頂いていますので、厳密に言えば通販限定ではありませんが。

じゃあ、これから既存の取引先の方に紹介していくか?と言われると、そこは「うーん・・」という感じなんです。

第一に、調理のハードルが少し高いんじゃないかなぁという印象を持っています。たまたま購入してどうして調理したら良いのか分からないというケースが多そうなイメージです。

一応、買って頂いた方には簡単な調理法を書いた紙を付けてはいますが、それでもハードル高いかなぁという印象です。

第二に、あまりにも従来の春雨のイメージと異なる食感の商品なので、春雨と期待して買って頂いた方にとってはギャップが多き過ぎるんじゃないかなぁという感じはしています。

そういうのも込みで買って頂く分には良いのですが、たまたま店頭で見た方が買うとギャップが大きすぎる可能性があると思っています。この辺をうまく理解して頂ければ良いんですけどね。

もちろん、業務用として使って頂けるような場合は最適に調理して出して頂けるので間違いは無いでしょうし、安心して出荷もさせて頂けるんですけどね。一般向けに店頭販売は難しいかなぁという風に思っています。

結果として「知る人ぞ知る」という商品でも仕方ないかなぁとは思うんですよね。

「売らない」というよりも「分かって買って頂きたい」という思いの方が強いので。

前の記事

自分で考える

次の記事

開発力