自由

香港の周庭さんが逮捕されたようです。
香港国家安全維持法という、先日中国政府が成立させた法律での逮捕という事です。
何が容疑になっているのかは分かりませんが、どんな理由でも中国に邪魔な人は強引に逮捕するという事が出来るようになっているという事なんでしょうね。
完全に香港の自治は無くなって、中国の中に取り込まれたという事なんだろうと思います。

周庭さんなんて、まだ若いですし日本でいうと大卒の新社会人ぐらいの年齢です。そういう人が香港の為に動いて、共産国家がそれを取り締まるというのは、国の制度が違うとはいえ日本では考えられない状況で実感として湧いてきません。
それぐらい日本の常識的な考えからすれば、あり得ないし恐ろしい事が現実的に横の国では行われているという事なんだろうと思います。

今回は香港という自治を認められていた地域ですが、当然同じかそれ以上に中国本土でも取り締まりが厳しいでしょうし問題になっているチベット・ウイグル地域の人たちに対しての弾圧なんていうのは、本当にあり得ない事だと思います。これって中国の内政問題で片付けるべき話では全くないとも思っています。

日本に置き換えるならば、「安倍辞めろ!」とかデモをしている人や「辺野古反対」っていう人、それを支持するマスコミ関係者。政府批判する野党の国会議員を全員逮捕するようなもんです。それはそれで良いという人も居るんでしょうけど、自分の意見を言えない環境は大きな問題です。

ただ、じゃあ中国人が悪いのかと言われると、個々の中国人の方も一方では支配されている側でもありますし、中国に何回か旅行に行った時も悪い人が多いという事もありませんでした。
でも、全体としての中国共産党のやり方は本当にダメだと思うので、それを変えるのは国民しかないというのも事実なんだろうと思います。その反対運動も始めらないぐらいに政府の言論弾圧が行われているんでしょうけど。

もちろん、日本をはじめ多くの国が中国に対して圧力をかけていくというのを行わないといけないでしょうし、それにはマスコミ等が中国のこういう状況をしっかりと事実として伝えるべきだと思います。そして世論を形成していくしかないでしょう。
個人として出来る事というのは本当に限られていますが、脱中国という事で中国の製品を買わないとか、それぐらいしかないのかなぁとは思います。あとは中国に対してしっかりとモノが言える政治家を支持するとかでしょうか。

少なくとも日本としては、中国を非難する議員決議を全会一致で採択して、政府も中国に対して厳しい対応を期待したいですが、実際には多くの野党や与党の一部は反対するんだろうなぁとは思うんですよね。

前の記事

本格的に暑い

次の記事

アレルギー