コロナ対策

最近というか、ずっとなんですがコロナの感染者が何百人とかいうレベルで収まる気配もありません。
それ以上に、奈良でもそうですが都市部から地方に感染が拡大している感じはしています。

なのでコロナは都市部に行かなければ感染しないという感じでもなく、普通の生活圏でさえ感染する可能性は日に日に強くなっている感じはしています。先日も近隣の大学でクラスター発生になっているようですし、遠い世界の話ではなくなってきました。

これから秋や冬になるにつれて更に感染しやすい時期になるのであれば、一気に身近なものになる可能性もありますし社内でも感染者が出る可能性も現実として高いんじゃないかとは思います。

そうなると、会社としての対応が非常に難しいんですよね。
家族に感染者がいる場合などは自宅待機という事で良いのかも知れませんが、本人が陽性者になった場合に一緒に会社で仕事をしている人も仕事出来ないという状況になるんでしょうか?例えば感染者の方が働いていた場所は業者に依頼して消毒しないといけないとかになるんでしょうか?
最終的には近隣の保健所の方の指示に従うという事になるんですが、例えば一週間ぐらい操業停止になると休業補償とか出荷できない(欠品になる)とか、在庫は出荷して良いのか?とか色々と未知な事は多くなるなぁという思いです。

想像すると本当に恐ろしいんですが、現実として可能性は結構高いんじゃないのかなぁという気はしています。

そういう時の指針を役所の方からでも、しっかりと示して貰いたいんですよね。

現実的な話として、政府対応とかを見ているとある程度の感染者は容認するという方向性だと思います。
4月の時点では完全に封じ込めるような感じで自粛していましたが、今は経済を停滞させないというのと重症者や死者を抑えるという事を並行してやっている分、感染者は許容するという感じなんだろうと思います。

そうなると、出来る範囲での感染症対策はするとしても身近に感染者が出るというのは特別な事ではなくなっているとも思います。じゃあ、感染者が出た時の対応を周知して欲しいなぁとは思うんですよね。

次の記事

雨降り